自律神経失調症と蜂の子の関係!冷え性や肩こりにも。

自律神経失調症と蜂の子の関係!冷え性や肩こりにも。

 

蜂の子はさまざまな健康効果があるといわれていますが、自律神経失調症にも効果的です。自律神経が乱れるとめまいや不眠などだけでなく、冷え性や肩こりなどの原因にもなってしまいます。蜂の子で改善するのなら試してみたいですよね!

 

蜂の子は自律神経失調症にどのような効果があるのか見てみましょう。

 

自律神経が乱れるとどうなる?

まず、自律神経失調症とはどういった状態なのでしょうか。名前はよく聞きますが、どういったものなのかよくわかっていない人も多いと思います。

 

自律神経失調症とは

自律神経とは、交感神経と副交感神経の2つの神経のことをいいます。通常の自律神経の働きはこうです。

 

  • 昼間活動している時→交感神経が優位になる
  • 夜休む時→副交感神経が優位になる

 

交感神経には運動、興奮、緊張恐怖、そしてストレスを感じている時に良く働き、脳や体がよく動く状態にしてくれます。対して副交感神経は休む、眠る、リラックス、している時に良く働き、体を休養させ内臓を動かし、体を修復してくれます。食べた後に眠くなるのも、内臓を動かすことで副交感神経が刺激されることに寄るんですね。

 

ところが、先ほどもお話しした通りストレスを感じると交感神経が優位になってしまい、夜になっても副交感神経が優位に立たず、交感神経が優位に立ったままになってしまうんです。自律神経はどちらか一方しか働くことができません。ですからストレスを感じて交感神経が優位になると副交感神経が働かなくなってしまうんです。この状態を自律神経失調症といいます。

 

夜になってもゆっくり休むことができないと、体は疲れたままです。また体の修復もされなくなってしまうのでさまざまな不調を引き起こしてしまいます。ストレスは万病のもと、というのはこういった理由があるんですね。

 

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状はひとによってさまざまです。代表的な症状にはこんなものがあります。

  • 不眠症
  • 冷え性
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 手足のしびれ
  • 低体温
  • 食欲不振
  • 便秘、下痢

当てはまる症状がある人も多いのではないでしょうか。いくつかの症状に当てはまる、慢性的に症状があるという人は自律神経失調症かもしれませんね。

 

自律神経失調症はめずらしいものではありませんが、甘く見てしまうのも禁物です。そのままにしておくと、これらの症状がさらにストレスを引き起こして症状を悪化させたり、うつ病を引き起こしてしまったりする可能性もあるんです。

 

蜂の子には自律神経を整える働きが!

蜂の子には自律神経を整える働きがある

 

誰でも持っているストレスが引き起こす自律神経失調症って怖いですよね。原因がストレスと分かっていても、なかなかコントロールできるものでもありません。ですから、蜂の子がおすすめなんです。

 

蜂の子には、9種類の必須アミノ酸をはじめ18種類のアミノ酸が含まれていますが、その中で注目なのはトリプトファンというアミノ酸です。トリプトファンには、自律神経を整える働きがあるんですよ!ストレスを自分でコントロールするのは難しいですが、蜂の子を摂取することで改善できるのでしたらうれしいですよね。

 

また、蜂の子を摂取すると、ストレスを感じたときに分泌されるコルチゾールというホルモンの値が減るという実験結果もあるんですよ。

 

蜂の子は薬ではありませんのですぐに効果が出るものではありません。ですが長期的に摂取して自律神経失調症の症状が改善した人は多いです。とはいえすべての人に必ず効果があるとは言い切れませんが、まずは3カ月から6カ月ほど試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

蜂の子には自律神経を整えるトリプトファンが多く含まれているので自律神経失調症の改善にも効果が期待できます。自律神経失調症にはさまざまな症状がありますので、自分では自覚していない人も多いかもしれません。慢性的な症状でお悩みの方は蜂の子を試してみてもよいのではないでしょうか。

蜂の子は自律神経失調症に効果があるといわれています。自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経のバランスが悪いことを言います。昼間活動しているときは交感神経が優位に立っていますが、夜眠るときには副交感神経が優位になっているのが普通です。ですが、夜になっても副交感神経が優位に立たないという人も多いんです。副交感神経はリラックスしているときに出るもので、逆に交感神経は緊張していたり、ストレスが溜まったりしていると優位になってしまうんです。つまり、夜になってもストレスや緊張がほぐれないと、バランスが悪くなってしまうんです。自律神経が乱れてしまうと、不眠や冷え性、肩こり、めまい、耳鳴りなどの症状が出てしまいます。蜂の子には、アミノ酸が豊富に含まれています。中でもトリプトファンというアミノ酸の量が豊富です。トリプトファンには自律神経の乱れを整える効果があるといわれています。ですから、蜂の子は自律神経失調症に効果があるんですよ。耳鳴りやめまいにいいというイメージが強いですが、冷え性や不眠、肩こりもよくなるという人も多いんです。また、アミノ酸の他にビタミンやミネラルも豊富に含んでいます。特に疲労回復に効果のあるビタミンB群を多く含んでいるので、さまざまな不調の改善が期待できるんです。ただし、自律神経失調症にもいろいろな種類があり、骨格が原因になっている場合は効果がないという意見もあります。必ず不調が改善するとは言い切れませんが、栄養価も高く体に良いものですので試してみる価値はあるのではないでしょうか。

更新履歴